ウブドの建築ラッシュ、光と影

ウブド地区北部。長さ2キロほどの道の脇に、ブロックや砂が山積みされているところがあちこちにあります。10年前まで田んぼ以外なにも無かったような村も、今ではまるでヴィラ建設に沸く「ヴィラ銀座」だ。

こういった光景をよく見かけます

こういった光景をよく見かけます

足場、仮の骨組みは竹でできているように見えます。

足場、仮の骨組みは竹でできているように見えます。

活気を感じる一方で困ったこともある。それは、建築現場の労働者を装った泥棒の出没。先日、実際にあった話。5人組の泥棒が警察に追いかけられ4人は逮捕され、一人は逃走中に川に飛び込んで、その際頭を打ったらしく死亡とのこと。この一件以来、「泥棒に気をつけよう」が、ご近所の合い言葉のようになってしまったとか。

注:写真にちらりと写っている方は、悪い人ではありません。(編集部 T投稿)


カテゴリー: 未分類 パーマリンク